しじみにはアミノ酸・ビタミン、ミネラルが豊富に含まれています。ミネラル分の中でも、亜鉛と並んで豊富に含まれているのが「カルシウム」です。

 

しじみエキスに含まれるカルシウムの量や役割、吸収率アップの為、同時摂取したい栄養素なども紹介したいと思います。

カルシウムの役割とは

ご存知のように、骨や歯を形作る栄養素。体内に存在するカルシウムのほとんど(99%)が「骨」と「歯」に存在しています。

残りの1%は、血液や筋肉、神経細胞中に存在しており、実はこれら「1%」のカルシウムが体にとって重要な働きをしていたりします。ちなみに、カルシウム無しで生存できる生物は、この世に存在しません。どんな生き物にとっても、必須の栄養素なんです。

 

それらの役割とは・・・

  • 出血時に血を止める役割
  • 神経細胞中における情報伝達
  • 筋肉を動かす役割

 

カルシウム不足でイライラするのは、神経の情報伝達機能が十分に発揮できないからと考えられています。

 

食事などから十分にカルシウムを摂取できていない場合、残り1%のカルシウムを補うために「骨自身」が自分自身を分解して、カルシウムの取り出し&供給を行います。

 

ですから、カルシウム不足は骨を無駄に消費させてしまうことになり、年齢を重ねるとともに「骨粗鬆症」などのリスクが増大させてしまいます。

カルシウムを補う食事は?

カルシウムをたくさん含む食材の代表例として「牛乳」が挙げられます。私も小さいころよく牛乳を飲まされて記憶があります。

 

牛乳100g当たりカルシウムは「約110mg」含まれています。しじみは「約130mg」と、実はしじみの方が豊富なカルシウムを含んでいるのです。

 

ちなみに、食材100g当たりのカルシウム含有量で行くと、上位には干しエビ(7100mg)や煮干し(2200mg)などがランクインしています。

 

 

たしかにこれらはカルシウム含有量が多いのですが、そもそも100gも食べることは困難ですから、牛乳やしじみはカルシウム摂取には適した食材と言えるでしょう。

 

ちなみに、少し年配の方であれば「脱脂粉乳」をご存知だと思います。カルシウムの含有量は、100g当たり1100mgと牛乳やしじみを圧倒する含有量です・・。味が気にならないのであれば、カルシウム摂取には適した食品と言えます。

しじみエキスにはカルシウムが豊富

しじみをトロトロになるまで煮詰めたエキスには、カルシウムがたっぷり!牛乳嫌いな方や、しじみは好きだけど、砂抜きや調理をするのが手間!という方には、しじみエキスのサプリメントを検討してもよいかもしれません。

 

比較的リーズナブルな商品も発売されているので、まずは試してみることもアリかと。
↓↓↓
しじみエキス商品のランキング【4選】選び方のポイントとおすすめ商品の紹介

 

カルシウムと同時摂取したい栄養素

カルシウムは鉄と同様、吸収率が悪い栄養素です。吸収率が良いとされる牛乳でも、30~40%程度しか体内に取り込むことが出来ません。

 

そこで大事なのが、マグネシウムです。マグネシウムはカルシウムの吸収をサポートする役割がある為、カルシウムの吸収率アップのため、同時摂取するのが効率的です。

 

サプリメントで、「カルシウム+マグネシウム」という組み合わせの商品、多くありませんか?まさにあれは、マグネシウムのサポート機能に着目しているのです。

 

しじみには、カルシウムもマグネシウムも両方含まれているので、効率的なカルシウム摂取が可能です!